海を渡る日本現代美術 : 欧米における展覧会史1945~95

光山清子 著

欧米への追従か、オリジナリティーの模索か-戦後日本現代美術が挑んだ半世紀を振り返り、欧米でいかに評価され受容されてきたのかを浮彫にする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 目的・研究対象・方法論
  • 第1章 日本人前衛作家への国際評価-一九四五〜六九年(歴史的背景
  • 国際文化振興会と日本人作家の国際美術界への参加 ほか)
  • 第2章 ジャパン・アート・フェスティバル展-一九六六〜七六年(国際芸術見本市協会
  • 現代日本美術・文化の米国への包括的紹介-第一回ジャパン・アート・フェスティバル展 ほか)
  • 第3章 欧米で高まる日本現代美術への関心-一九八〇〜九五年(国際交流基金と欧米における日本現代美術への関心の高まり
  • 戦後日本美術の歴史化 ほか)
  • 終章 近年の動向と今後の課題(前章までの要約と対外文化政策的視点
  • 伝統・日本的なもの ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 海を渡る日本現代美術 : 欧米における展覧会史1945~95
著作者等 光山 清子
書名ヨミ ウミ オ ワタル ニホン ゲンダイ ビジュツ : オウベイ ニ オケル テンランカイシ 1945 95
出版元 勁草書房
刊行年月 2009.12
ページ数 305, 65p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-326-85188-1
NCID BB00537150
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21697605
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想