環境倫理学

鬼頭秀一, 福永真弓 編

[目次]

  • 序章 環境倫理の現在-二項対立図式を超えて(「環境倫理」とは
  • 二項対立図式のなかの「環境問題」と「環境倫理」 ほか)
  • 1 環境倫理が語れること(人間・自然-「自然を守る」とはなにを守ることか
  • 自然・人為-都市と人工物の倫理 ほか)
  • 2 環境倫理のまなざしと現場(「外来対在来」を問う-地域社会のなかの外来種
  • 「持続可能性」を問う-「持続可能な」野生動物保護管理の政治と倫理 ほか)
  • 3 環境倫理から生まれる政策(家庭から社会へ-持続可能な社会に続く道を地球温暖化問題から考える
  • 知識から智慧へ-土着的知識と科学的知識をつなぐレジデント型研究機関 ほか)
  • 終章 恵みも禍も-豊かに生きるための環境倫理(環境倫理学はなぜ政策の問題へと至るのか
  • 環境倫理が必要とされる3つの領域 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 環境倫理学
著作者等 福永 真弓
鬼頭 秀一
書名ヨミ カンキョウ リンリガク
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2009.12
ページ数 287p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-13-062311-7
NCID BB00535337
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21729810
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想