コミュニケーションの社会学

長谷正人, 奥村隆 編

「互いにわかりあうのがよいコミュニケーションである」という思いに囚われている現代社会。本書はその常識に疑問を投げかけ、コミュニケーションの文化的豊かさを、リアルな人間模様を描く事例から描き出し、新しい社会学を提示します。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 コミュニケーションの社会学とはなにか(コミュニケーションと社会学
  • Aくんへのレッスン(1)対話と遊戯としてのコミュニケーション
  • Aくんへのレッスン(2)パラドックスと接続としてのコミュニケーション
  • 単独性とコミュニケーション)
  • 第2部 コミュニケーションの社会学になにができるか(対話としてのコミュニケーション
  • 遊戯としてのコミュニケーション
  • 非対称のコミュニケーション
  • フラット化するコミュニケーション)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 コミュニケーションの社会学
著作者等 奥村 隆
長谷 正人
書名ヨミ コミュニケーション ノ シャカイガク
書名別名 Sociology of communication
シリーズ名 有斐閣アルマ
出版元 有斐閣
刊行年月 2009.12
ページ数 327p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-641-12392-2
NCID BB00533320
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21699551
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想