誰が坂本龍馬をつくったか

河合敦 著

土佐の郷土出身の坂本龍馬が、なぜ日本を動かすほどの偉人となりえたのか。単なる尊皇攘夷思想の若者が、列強諸国から日本を守るために海軍創設の重要さを唱え、内戦を防ぐべく行動するまでに成長したのである。彼がこれほど大局からモノを見られるようになったその陰には、勝海舟、河田小龍、横井小楠、松平春嶽といった当代きっての知識人との交流があった。そして彼らは自分の考えや夢を龍馬に語り、龍馬はそれを実現させていった。彼らが坂本龍馬という男をつくったと同時に、彼らにできないことを龍馬に託したのだった…。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 坂本龍馬を飛翔させた最大の師・勝海舟
  • 第2章 ペリーの黒船によって列強諸国という敵を知る
  • 第3章 龍馬を育て「男」にした姉・乙女
  • 第4章 土佐随一の知識人・河田小龍から海軍構想を学ぶ
  • 第5章 龍馬に脱藩を決意させた久坂玄瑞
  • 第6章 龍馬に政治的な夢を託した松平春嶽と横井小楠
  • 第7章 龍馬の命を救ったお龍と龍馬を愛した女たち
  • 第8章 龍馬の政治的行動を側面から助けた西郷隆盛
  • 第9章 海援隊、そして大政奉還へ。龍馬の夢の実現と人育て-陸奥宗光・岩崎弥太郎・後藤象二郎

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 誰が坂本龍馬をつくったか
著作者等 河合 敦
書名ヨミ ダレ ガ サカモト リョウマ オ ツクッタカ
書名別名 Dare ga sakamoto ryoma o tsukuttaka
シリーズ名 角川SSC新書 085
出版元 角川SSコミュニケーションズ : 角川グループパブリッシング
刊行年月 2009.11
ページ数 186p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-04-731508-2
NCID BB00533284
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21678680
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想