はじめてのトポロジー : つながり方の幾何学

瀬山士郎 著

現代数学のひとつ、「トポロジー」とはなんでしょうか。それは、形の見方を変えることから始まります。三角形と円を同じと見る、コーヒーカップとドーナツを同じと見る、そんな幾何学が誕生したのです。なぜ数学者たちはそんな発想をしたのでしょうか。本書は、そうした不思議な形の冒険の旅に案内します。図版を多用して、一筆書きからメビウスの帯やクラインの壷、ポアンカレ予想まで、パズル感覚で説いていきます。気がつけば読者は、4次元空間の「迷宮の旅」へ迷いこみます。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 形とはなんだろうか
  • 第2章 つながり方の幾何学
  • 第3章 曲線のトポロジー-オイラー・ポアンカレの定理
  • 第4章 曲面のトポロジー-曲面を設計する
  • 第5章 曲面のホモロジーとホモトピー
  • 第6章 次元を超えて
  • 第7章 いろいろな話題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 はじめてのトポロジー : つながり方の幾何学
著作者等 瀬山 士郎
書名ヨミ ハジメテ ノ トポロジー : ツナガリカタ ノ キカガク
シリーズ名 PHPサイエンス・ワールド新書 011
出版元 PHP研究所
刊行年月 2010.1
ページ数 210p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-569-77484-8
NCID BB00531631
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21699013
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想