"よい色"の科学 : なぜ,その色に決めたのか

近江源太郎 著

色や配色の評価は、様々に語られます。"好きな"、"美しい"、"快い"、"調和した"、"面白い"など。本書では、このような色やデザインにおける"よさ"の感じ方を、できるだけ客観的な調査や実験のデータにもとづいて解明しました。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 色と人間
  • 第2章 色の好みと調和
  • 第3章 色反応の集団差
  • 第4章 色彩好悪の個人差
  • 第5章 社会現象としての色
  • 第6章 よさの理論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 "よい色"の科学 : なぜ,その色に決めたのか
著作者等 近江 源太郎
書名ヨミ ヨイ イロ ノ カガク : ナゼ ソノ イロ ニ キメタノカ
出版元 日本規格協会
刊行年月 2009.12
ページ数 225p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-542-70164-9
NCID BB00531551
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21696895
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想