江戸幕府の日本地図 : 国絵図・城絵図・日本図

川村博忠 著

江戸幕府が諸国大名に作成を命じた国絵図と城絵図は日本総図として集成された。地図編纂事業の目的は何か?伊能忠敬まで測量技術はどのように発達したのか?幕府の全国統治とともに描く、「日本地図」誕生の歴史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • わが国における官撰地図の系譜-プロローグ
  • 江戸初期の国絵図と日本総図
  • 江戸幕府の国家的地図事業
  • 日本図作成技術の進展
  • 紅葉山文庫の国絵図
  • 新政府に継承された明治国絵図-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 江戸幕府の日本地図 : 国絵図・城絵図・日本図
著作者等 川村 博忠
書名ヨミ エド バクフ ノ ニホン チズ : クニエズ シロエズ ニホンズ
書名別名 Edo bakufu no nihon chizu
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 286
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2010.1
ページ数 229p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-05686-1
NCID BB00521048
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21697869
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想