『論語』でまともな親になる : 世渡りよりも人の道

長山靖生 著

子供に世渡りや処世術ばかりを語ることに違和感を覚える、そんな時『論語』の出番だ。「学ぶとは」「礼と中庸」「お金」「教育」「家族」「人間関係」「人の上に立つ」「才能を伸ばす」など、自分の人生においても問い直したいトピックを、『論語』二十編から再構成し意訳。現代的課題、現実的対応を模索する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 今どきの世間と『論語』
  • 第1章 真の幸福は、この一句からはじまる
  • 第2章 生きることは、学ぶということ
  • 第3章 ディベート力は必要か
  • 第4章 「礼」は形式ではなく、「中庸」は平凡ではない
  • 第5章 奇跡なんて、いらない
  • 第6章 お金との付き合い方
  • 第7章 家族の形、人間関係のあり方
  • 第8章 指導者の責務と民主体制
  • 第9章 教育には何が可能か
  • 第10章 ヤンキー、オタク、ひきこもり-孔子とその弟子たち

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 『論語』でまともな親になる : 世渡りよりも人の道
著作者等 長山 靖生
書名ヨミ ロンゴ デ マトモナ オヤ ニ ナル : ヨワタリ ヨリモ ヒト ノ ミチ
シリーズ名 論語 435
光文社新書 435
出版元 光文社
刊行年月 2009.12
ページ数 249p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-334-03538-9
NCID BB00517051
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21694895
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想