現代的な視点からの場の量子論  発展編

V.P.ナイア 著 ; 阿部泰裕, 磯暁 訳

本書は、著者ナイアがコロンビア大学とニューヨーク市立大学で行った場の量子論の講義をもとに書き下ろした教科書である(原著は2004年刊行)。場の量子論のごく入門的な部分から解きほぐし、さまざまなトピックスを現代的な視点から系統的に概観することが目指されている。この「発展編」では、場の量子論のトポロジカルな側面に重点が置かれている。特にアノマリーについては2章を割き、丁寧な解説がなされている。他の章では、ゲージ場の配位空間、有限温度の場の量子論、ゲージ理論の非摂動的な取り扱い方などのテーマについて踏み込んだ解説がなされている。また、これらの理解に不可欠な数学についても、初学者が分かれるように十分に説明されている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 量子異常
  • 微分幾何学入門
  • 経路積分
  • ゲージ理論-その配位空間
  • 有限温度と有限密度
  • ゲージ理論-非摂動的なアプローチ
  • 幾何学的量子化入門

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代的な視点からの場の量子論
著作者等 Nair, V. P
磯 暁
阿部 泰裕
Nair V.Parameswaran
ナイア V.P.
書名ヨミ ゲンダイテキナ シテン カラノ バ ノ リョウシロン
書名別名 Quantum field theory

Gendaitekina shiten karano ba no ryoshiron
シリーズ名 Springer university textbooks
巻冊次 発展編
出版元 シュプリンガー・ジャパン
刊行年月 2009.12
ページ数 319p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-431-10074-4
NCID BB00511441
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21781230
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想