戦争とハンセン病

藤野豊 著

弱い発症力にもかかわらず生涯隔離されたハンセン病患者たち。戦地で発症した兵士の処遇、植民地療養所など、隔離政策と戦争の関係を解明。日本の戦争責任とハンセン病患者への人権侵害にひそむ、差別の構造を追及する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 戦争とハンセン病-プロローグ
  • 戦争と隔離(日清・日露-アジア・太平洋戦争と隔離
  • 戦後に続く戦争の影)
  • 戦時下のハンセン病患者(戦時下のハンセン病療養所
  • 重監房の開設
  • 戦場のハンセン病患者)
  • 植民地・占領地のハンセン病患者(アジア侵略と隔離
  • 「東亜の癩」
  • 中国占領地の隔離政策
  • 「満州国」隔離政策
  • 「南陽群島」での虐殺)
  • 近現代史における平和と人権の課題-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦争とハンセン病
著作者等 藤野 豊
書名ヨミ センソウ ト ハンセンビョウ
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 287
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2010.1
ページ数 197p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-05687-8
NCID BB00509993
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21696698
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想