子どものリスクとレジリエンス

マーク・W.フレイザー 編著 ; 門永朋子, 岩間伸之, 山縣文治 訳

貧困、虐待、障害、学校不適応、非行、薬物乱用といった危機的な状況に置かれながらもたくましく生き抜く子どもたちに焦点を当て、彼らが自分自身の力-レジリエンス-を最大限に発揮するための新しい援助の枠組みと方策。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 子どもの生態学的環境-マルチシステムの視座
  • 子どものリスクとレジリエンス
  • リスクと防御推進要因の分析方法-疫学から学ぶ
  • 子どもへの不適切なかかわり-リスクと防御推進要因の視座
  • 学校での不適応-生態学的相互作用発達の視座
  • 障害のある幼少期の子どもの発達上の脆弱性
  • 児童期と思春期におけるアルコールと薬物をめぐるリスクと防御推進要因
  • 非行と行為障害をめぐるリスクと防御推進要因
  • 思春期の性感染症予防
  • 思春期の妊娠をめぐるリスクと防御推進要因-効果的な介入の基盤
  • 子どものうつ-リスク要因の視座
  • 青少年の自殺
  • 子どものリスクとレジリエンス-エピデンスに基づく実践のモデルに向けて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 子どものリスクとレジリエンス
著作者等 Fraser, Mark W.
山県 文治
岩間 伸之
門永 朋子
フレイザー マーク・W.
書名ヨミ コドモ ノ リスク ト レジリエンス : コドモ ノ チカラ オ イカス エンジョ
書名別名 Risk and resilience in childhood.2nd ed

子どもの力を活かす援助
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2009.12
ページ数 576p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-623-05496-1
NCID BB00506408
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21701516
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想