食糧格差社会

茅野信行 著

グローバルな農地買収合戦、穀物高騰を後押しするエタノール戦略の台頭、市場をかき回す投機マネー、流通業の劇的変化と規制撤廃、コメ安全保障の行方…食糧ビジネスの裏側を知り尽くすプロが解き明かす真実。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 世界を襲った異常な穀物価格高騰
  • 第2章 企業環境の変化を知る五つの視点
  • 第3章 貿易自由化と関税の引き下げ
  • 第4章 穀物メジャーと国際穀物取引
  • 第5章 穀物輸出国と輸入国の攻防
  • 第6章 日本の農業の現況と農政がなすべきこと
  • 第7章 日本の農業の未来
  • 第8章 食糧供給を確保するために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 食糧格差社会
著作者等 茅野 信行
書名ヨミ ショクリョウ カクサ シャカイ : ハジマッタ ソウダツセン ト バクショクスル セカイ
書名別名 始まった「争奪戦」と爆食する世界

Shokuryo kakusa shakai
出版元 ビジネス社
刊行年月 2009.12
ページ数 238p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-8284-1550-5
NCID BB00505755
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21691286
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想