日本美術を見る眼 : 東と西の出会い

高階秀爾 著

西洋とは違う日本独特の美学とは何か?西洋美術史の第一人者で日本美術にも確かな知見を持つ著者が、広い視野から西洋と日本の美術を比較し、日本人の美意識の特質を浮び上がらせる、卓越した比較文化論。近代における西洋と日本の文化交流がそれぞれの美術にもたらした影響にも言及。美術から日本人の精神文化の神髄にせまる最新のエッセイ二本を増補。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 日本美術の方法(日本美の個性
  • 「もの」と「かた」
  • 視形式の東と西 ほか)
  • 2 東と西の出会い(明治洋画における東洋と西洋
  • 日本の前衛美術
  • 日本のアカデミスム ほか)
  • 3 移ろいゆく美 繰り返される記憶(移ろいの美学-四季と日本人の美意識
  • 花の色はうつりにけりな-絵画と文字の交響
  • 記憶の遺産-無形の文化という日本の伝統)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本美術を見る眼 : 東と西の出会い
著作者等 高階 秀爾
書名ヨミ ニホン ビジュツ オ ミル メ : ヒガシ ト ニシ ノ デアイ
書名別名 Nihon bijutsu o miru me
シリーズ名 岩波現代文庫 B158
出版元 岩波書店
刊行年月 2009.12
版表示 増補.
ページ数 292p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-602158-0
NCID BB00496756
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21705132
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想