老化はなぜ進むのか : 遺伝子レベルで解明された巧妙なメカニズム

近藤祥司 著

老化は、じつは生命活動を正常に保つために不可欠なしくみだった。細胞は、さまざまな遺伝子の働きで老化のスピードをコントロールすることにより、ガン化や機能低下を引き起こす異常から生命を守っている。ヒトは細胞から老化する-そのプロセスを最新の研究をまじえて解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 現代の夢-老化予防
  • 第2章 ヒトはどのようにして老いるのか
  • 第3章 老化のプログラム仮説
  • 第4章 テロメア-「老化時計」の発見
  • 第5章 寿命を操る「ガン抑制遺伝子」
  • 第6章 老化しない細胞「幹細胞」をめぐるミステリー
  • 第7章 老化のカギ「酸化ストレス」と「解糖系」
  • 第8章 腹八分目は長生きする-長寿遺伝子の発見
  • 第9章 早老症とテロメア異常
  • 第10章 アンチエイジング薬の最前線
  • 第11章 老化を防ぐ処方箋

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 老化はなぜ進むのか : 遺伝子レベルで解明された巧妙なメカニズム
著作者等 近藤 祥司
書名ヨミ ロウカ ワ ナゼ ススムノカ : イデンシ レベル デ カイメイサレタ コウミョウナ メカニズム
シリーズ名 ブルーバックス B-1662
出版元 講談社
刊行年月 2009.12
ページ数 198p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-257662-8
NCID BB00491570
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21701275
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想