老子・荘子の言葉100選

境野勝悟 著

老子は、その生涯を、おとなしく、柔和に、あたたかく、寛大な態度で静かに送った。そして世俗の価値を飛び越えて、もっとのびのびと、自由に明るく生きようではないか、と主張する。そして、その考えは、荘子によって受けつがれる。荘子は、難解な老子の思想を、架空の話で面白く語る。動物を人間にたとえたり、植物のあり方に人間学を語ったり、その話は、自由で破格で、しかも面白い。-人生を自由に楽しく生きる知恵。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 50語でわかる「老子」(「道の道とすべきは常の道にあらず」-幸福な道は常識の中にはない
  • 「天は長く地は久し」-天を仰ぎ地を歩く
  • 「上善は水のごとし」-理想的な生き方を水に見つけた
  • 「与うるは善く仁、言は善く信」-人を思いやって約束は守る
  • 「無の用」-なんにもしないで働いている ほか)
  • 第2章 50語でわかる「荘子」(「もの、あれに非ざるはなく、もの、これに非ざるはなし」-見方によってすべてが変わる
  • 「天地は一指なり、万物は一馬なり」-天地のもの一切は一体である
  • 「道は通じて、一たり」-すべての道はいつか一本となる
  • 「水の積むこと厚からざれば、則ち、大舟を負うに力なし」-自分を十分深め広める
  • 「五百歳をもって春となし、五百歳をもって秋となす」-大きな気持ちになると苦悩は解消する ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 老子・荘子の言葉100選
著作者等 境野 勝悟
書名ヨミ ロウシ ソウジ ノ コトバ 100セン
シリーズ名 老子 (経典)
荘子 (経典)
知的生きかた文庫
出版元 三笠書房
刊行年月 2008.3
ページ数 222p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-8379-7694-3
NCID BB00490283
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21382658
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想