オーリッチ空間とその応用

北廣男 著

本書では2つの部にわけ、まず第1部ではバナッハ空間としてのオーリッチ空間の構造について述べる。オーリッチ空間の持つ魅力を平易に説明し、証明も丁寧に付けてある。さらに第2部では、オーリッチ空間上で定義される準線形作用素に関する補間定理を丁寧に解説。さらに調和解析や偏微分方程式、確率論、フーリエ級数の概収束、階位空間論などへの有用な応用例も紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 Orlicz空間(Young関数とOrlicz空間
  • Orlicz空間の構造)
  • 第2部 実解析学へのアプローチ(準線形作用素
  • Hardy‐Littlewoodの極大作用素
  • Hardy作用素
  • Orlicz空間の応用)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 オーリッチ空間とその応用
著作者等 北 廣男
書名ヨミ オーリッチ クウカン ト ソノ オウヨウ
書名別名 Oricchi kukan to sono oyo
シリーズ名 岩波数学叢書
出版元 岩波書店
刊行年月 2009.12
ページ数 305p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-00-007563-3
NCID BB00457845
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21704824
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想