感染症の中国史 : 公衆衛生と東アジア

飯島渉 著

一九世紀末、列強に領土を蚕食されるなか、中国では劣悪な栄養・衛生状態、海外との交流拡大によって、感染症が猛威を振るう。雲南の地方病であったペストは、香港や満洲に拡大し、世界中に広がることになる。中国は公衆衛生の確立を迫られ、モデルを帝国日本に求める。本書は、ペスト、コレラ、マラリアなどの感染症被害の実態、その対応に追われる「東亜病夫」と称された中国の苦悩とその克服に挑む姿を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ペストの衝撃(ペストのグローバル化-雲南・香港から世界へ
  • 感染症の政治化-列強の思惑と国際ペスト会議)
  • 第2章 近代中国と帝国日本モデル(公衆衛生の日本モデル-植民地台湾と租借地関東州
  • 中華民国と「公衆衛生」)
  • 第3章 コレラ・マラリア・日本住血吸虫病(コレラ-一九世紀の感染症
  • 台湾のマラリア-開発原病)
  • 終章 中国社会と感染症

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 感染症の中国史 : 公衆衛生と東アジア
著作者等 飯島 渉
書名ヨミ カンセンショウ ノ チュウゴクシ : コウシュウ エイセイ ト ヒガシアジア
シリーズ名 中公新書 2034
出版元 中央公論新社
刊行年月 2009.12
ページ数 212p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102034-5
NCID BB00452309
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21711686
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想