昔男の青春 : 『伊勢物語』初段~16段の読み方

妹尾好信 著

『伊勢物語』-『源氏物語』をはじめとする多くの文学作品に影響を与えるとともに、長い間読み続けられ親しまれてきた王朝貴公子の一代記。日本を代表する古典としての地位を確固たるものとしている一方で、古典の授業などでは断片的な章段のみが扱われがちであり、全体を通して読んでこそ分かる魅力を知る人が少ないことは、実に惜しむべきだろう。主人公の人間性、物語に仕掛けられた謎など、『伊勢物語』をより楽しむきっかけを昔男の「青年期」から読み解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 昔男の結婚-初段とその関連章段
  • 2 后がねの姫君との許されぬ恋-第三段〜第六段
  • 3 東下り、傷心の旅-第七段〜第九段
  • 4 東国での昔男の行状-第十段〜第十五段
  • 5 紀有常という人-第十六段
  • 6 昔男の青春から光源氏の青春へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 昔男の青春 : 『伊勢物語』初段~16段の読み方
著作者等 妹尾 好信
書名ヨミ ムカシオトコ ノ セイシュン : イセ モノガタリ ショダン 16ダン ノ ヨミカタ
シリーズ名 伊勢物語 45
新典社新書 45
出版元 新典社
刊行年月 2009.12
ページ数 159p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-7879-6145-7
NCID BB0044375X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21777691
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想