マルコムX : 人権への闘い

荒このみ 著

アメリカの「ネイション・オブ・イスラム」の伝道師として熱烈な説教で人気があったマルコムX。彼はキング牧師の「公民権運動」を批判しつつ、より普遍的な人権の獲得を主張して、一九五〇〜六〇年代黒人運動の指導者として活躍した。その生涯と言説をたどり、誤解・歪曲されることの多かった言動を分析して、実像を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 マルコム少年-家族の背景とガーヴィー主義
  • 第2章 「ネイション・オブ・イスラム」の伝道師
  • 第3章 言葉の人間・その演説
  • 第4章 アフリカの鼓動を共有する
  • 終章 マルコムXの遺産

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マルコムX : 人権への闘い
著作者等 荒 このみ
書名ヨミ マルコム X : ジンケン エノ タタカイ
書名別名 Marukomu X
シリーズ名 岩波新書 新赤版1224
出版元 岩波書店
刊行年月 2009.12
ページ数 237, 13p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431224-6
NCID BB00436721
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21706586
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想