法隆寺を歩く

上原和 著

訪れるたびに惹かれゆく古刹、法隆寺。現存する世界最古の木造建築を擁するというのみならず、そのゆかしい建造物や彫刻・絵画は、今なお見る人びとの胸に敬虔な想いを呼び起こす。法隆寺を、そして世界中の古代美術の遺跡を長年にわたり訪れてきた著者の案内のもと、閉ざされた聖域、隠された史実をもたどりながら、境内をめぐり歩く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はしがき-法隆寺に魅せられて
  • 序章 在りし日の法隆寺の南大門跡に立って-厩戸皇子の生涯を偲ぶ
  • 第1章 消された聖徳太子創建の鵤寺
  • 第2章 華麗なる玉虫厨子
  • 第3章 西院伽藍を巡る
  • 第4章 東院伽藍に佇む
  • おわりに-中門の前に立って

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 法隆寺を歩く
著作者等 上原 和
書名ヨミ ホウリュウジ オ アルク
書名別名 Horyuji o aruku
シリーズ名 岩波新書 新赤版1222
出版元 岩波書店
刊行年月 2009.12
ページ数 214p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431222-2
NCID BB00435638
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21706579
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想