東アジア自転車産業論 : 日中台における産業発展と分業の再編

渡辺幸男, 周立群, 駒形哲哉 編著

ダイナミックな発展の論理を解明。1990年代以降、激しい構造変化を経てきた東アジア自転車産業を、東アジア全体の地域間分業、産業発展の動向のなかに位置付け分析した、初めての本格的な研究。日中の産業研究者による豊富な現地訪問・聴取り調査に基づく最新成果。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 東アジア自転車産業研究の位置づけと意義
  • 第1編 日本編-東アジア化による国内完結型産業の解体事例としての自転車産業(1990年代日本国内製造業の東アジア化-その一環としての日本の自転車産業
  • 日本国内自転車産業の変化 ほか)
  • 第2編 中国大陸・台湾編-東アジアに展開する産業移転と再編事例としての自転車産業(中国自転車産業史概観-内需主体から内需・外需向け生産へ
  • 台湾自転車産業の発展-グローバル企業の誕生 ほか)
  • 第3編 東アジアの自転車産業発展の論理と政策的含意(東アジア自転車産業発展の論理と今後の展望
  • 東アジアの自転車産業の発展と政策的含意)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東アジア自転車産業論 : 日中台における産業発展と分業の再編
著作者等 周 立群
渡辺 幸男
駒形 哲哉
書名ヨミ ヒガシアジア ジテンシャ サンギョウ ロン : ニチ チュウ タイ ニ オケル サンギョウ ハッテン ト ブンギョウ ノ サイヘン
シリーズ名 慶應義塾大学東アジア研究所叢書
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2009.12
ページ数 494p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7664-1699-2
NCID BB00425474
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21725270
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想