琉日戦争一六〇九 : 島津氏の琉球侵攻

上里隆史 著

独立王国・琉球を狙う「九州の覇者」薩摩島津氏。そしてアジア征服の野望を抱く豊臣秀吉、対明講和をもくろむ徳川家康。ヤマトの強大な力が琉球に迫る。これに立ち向かう琉球王国・尚寧王と反骨の士・謝名親方。海域アジア空前の「交易ブーム」の中、うごめく海商・禅僧・華人たちが情報戦(インテリジェンス)に絡み合う。若き琉球歴史研究家、満を持しての書き下ろし。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 独立国家、琉球王国-プロローグ・琉球の章
  • 第2章 九州の覇者・島津氏と琉球-プロローグ・島津の章
  • 第3章 豊臣秀吉のアジア征服戦争
  • 第4章 徳川政権の成立と対明交渉
  • 第5章 島津軍、琉球へ侵攻
  • 第6章 国敗れて
  • 第7章 「黄金の箍」を次代へ-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 琉日戦争一六〇九 : 島津氏の琉球侵攻
著作者等 上里 隆史
書名ヨミ リュウニチ センソウ 1609 : シマズシ ノ リュウキュウ シンコウ
書名別名 Ryunichi senso 1609
出版元 ボーダーインク
刊行年月 2009.12
ページ数 350p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-89982-170-0
NCID BB00412188
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21730629
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想