悩ましい翻訳語 : 科学用語の由来と誤訳

垂水雄二 著

ベストセラー『利己的な遺伝子』をはじめ科学啓蒙書の良書を長年翻訳してきた著者が、あまたの憂うべき誤訳・迷訳の中から、49の重要翻訳語に注目。誤りの原因を丹念に調べ、現状の混乱ぶりを描き出す一方、翻訳の現場から生まれた秀逸な新訳語を提案する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 イヌも歩けば誤訳にあたる
  • 2章 草木もなびく誤りへの道
  • 3章 人と自然を取り巻く闇
  • 4章 こんな訳語に誰がした
  • 5章 進化論をめぐる思い違い
  • 6章 心理学用語の憂鬱
  • 7章 生物学用語の正しい使い方
  • 8章 悩ましきカタカナ語

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 悩ましい翻訳語 : 科学用語の由来と誤訳
著作者等 垂水 雄二
書名ヨミ ナヤマシイ ホンヤクゴ : カガク ヨウゴ ノ ユライ ト ゴヤク
書名別名 Nayamashii hon'yakugo
出版元 八坂書房
刊行年月 2009.11
ページ数 207p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-89694-946-9
NCID BB00408420
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21701872
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想