日本の医療は変えられる

伊藤元重, 総合研究開発機構 編著

限られた医療資源をどう使うか。カギは産業化と地域連携。医学、経済学などの専門家11人が大胆な発想転換で高齢化社会に適した制度改革を提言。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 医療を考える経済学の視点(問題解決の手がかりは産業化への発想転換
  • 問題山積の医療現場
  • 医療を産業として捉えると
  • 変化に対応できなくなっている医療の実態
  • 質・アクセス・コストのトレードオフ ほか)
  • 第2部 日本の医療を変える-先端からの発言(大学病院から見る日本の医療の課題
  • 既存制度の矛盾を見据えて大胆な改革を
  • 医療制度改革は国の視点から地域の視点へ
  • 「見える化」で医療は変わる
  • 「医師の不足」にどう対応するか
  • 医療情報の開示で患者は救えるか
  • 大病院再生への突破口
  • 医療政策に必要なのはデータに基づいた議論
  • 医療と医学教育の何をアメリカに学ぶか
  • 医療資源の適性配分に向けて)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の医療は変えられる
著作者等 伊藤 元重
総合研究開発機構
NIRA
書名ヨミ ニホン ノ イリョウ ワ カエラレル
書名別名 Nihon no iryo wa kaerareru
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 2009.12
ページ数 255p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-492-70125-6
NCID BB00401170
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21688714
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想