働くことの意味

橘木俊詔 編著

人はなぜ働くのか、どのように働けばいいのか。ますます多様化する人間と労働の高校について、古今東西の哲人や偉人の思想を踏まえたうえで、哲学、倫理学、経済学、経営学、心理学、社会学など様々な観点から再評価する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 人にとって「働く」とはどういうことか(働くということ-偉人はどう考えたか
  • 人間にとって労働とは-「働くことは生きること」
  • 人間にとって余暇とは-余暇の大切さと日本人の思い
  • 仕事意欲-やる気を自己調整する)
  • 第2部 働く人を取り巻く諸問題(職業の倫理-専門職倫理に関する基礎的考察
  • 21世紀における「よい仕事」とは何か-企業倫理学からの応答
  • ベーシック・インカム-働くということが当たり前ではない時代の生活保障
  • ソーシャルファイナンスに見る、これからの「働き方」-育てつつ事業を行う可能性
  • 経済と倫理-公正でより善い社会のために)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 働くことの意味
著作者等 橘木 俊詔
書名ヨミ ハタラク コト ノ イミ
シリーズ名 叢書・働くということ 第1巻
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2009.12
ページ数 257p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-623-05264-6
NCID BB00397200
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21693258
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想