「物質」から「生命」へ : 20世紀科学史の転換と日本

鈴木理 著

アインシュタイン訪日からDNA二重らせんモデル誕生まで。物理学から生命科学への20世紀の転換を、日本を中心に、そして欧米を背景に捉えて描く。貴重な写真多数を使い関連書籍・映画の紹介とともに展開するビジュアルな構成。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 1922年-日本とヨーロッパを隔てる距離
  • 第2章 1937年-仁科芳雄とニールス・ボーア
  • 第3章 1941年-鋼鉄の伝説
  • 第4章 1942年‐1943年-戦時下の生命論
  • 第5章 1945年-最終秘密兵器
  • 第6章 太平洋の夜明け-東京、シドニー、カリフォルニアの終戦
  • 第7章 焼け跡の東京-デカルトとの対話
  • 第8章 1951年-ナポリの生命の糸
  • 第9章 1953年-ゴールデン・ゲート・ブリッジに舞い降りた二重らせん
  • 第10章 生命情報科学と21世紀の日本

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「物質」から「生命」へ : 20世紀科学史の転換と日本
著作者等 鈴木 理
書名ヨミ ブッシツ カラ セイメイ エ : 20セイキ カガクシ ノ テンカン ト ニホン
シリーズ名 大人の科学books
出版元 学研教育 : 学研マーケティング
刊行年月 2009.11
ページ数 202, 5p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-05-404353-4
NCID BB00389814
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21674138
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想