日本がもし100人の村だったら

池上彰 著

どうなる、ニッポン?数字で見えるこの国の今、そして未来。少子高齢化、単身・未婚化、農業、雇用、医療、教育、社会保障、低炭素社会、コミュニティ…。池田香代子とのあとがき対談も収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 人口減少
  • 少子高齢化
  • 外国人
  • 人口と富の集中
  • 産業
  • 地方と国
  • NPO
  • 教育
  • 消費
  • 宗教
  • 世帯
  • 未婚、離婚
  • 雇用と収入
  • 社会保障、富の再分配
  • 医療、福祉
  • 犯罪、自殺
  • 住宅
  • メディア、通信
  • エネルギー効率
  • バーチャル・ウォーター(仮想水)
  • 農林水産、自給率
  • 低炭素社会
  • コミュニティ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本がもし100人の村だったら
著作者等 池上 彰
池田 香代子
書名ヨミ ニホン ガ モシ 100ニン ノ ムラ ダッタラ
出版元 マガジンハウス
刊行年月 2009.11
ページ数 109p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-8387-2037-8
NCID BB00389199
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21687382
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想