城と隠物(かくしもの)の戦国誌

藤木久志 著

「村に戦争が来る」「村が戦場になる」そんな噂を聞いたとき、ただ呆然としていれば、ヒトもモノも敵方の雑兵たちに「乱取り」されてしまう。この乱世を行き抜くための危機管理の焦点に城と隠物があった。多くの落城の光景の中に女性や子どもの姿がある。城は村人たちの避難所であった。だから、城の維持・管理は彼らの責任で行った。城から遠ければ、山中の「村の城」に篭もって難を逃れた。それでは財産はどうするか?持ち運べないものは穴を掘って埋めて隠したり、寺社や他所の村や町に預けたり。「隠物」「預物」の習俗は生き残り策の土台にあった。発掘された銭甕や地下の穴など考古学の成果に注目した著者は新たな視点から戦国びとの危機管理の実態を描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 城は民衆の避難所(中国古代の城郭の原像
  • 西欧中世の城郭の原像を探る
  • 危機管理の習俗の発見
  • 戦国の城の維持・管理
  • 戦国の城は村の避難所
  • 秀吉軍襲来下の城)
  • 2 隠物・預物の世界(穴を掘って埋める
  • 隠物・預物の習俗)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 城と隠物(かくしもの)の戦国誌
著作者等 藤木 久志
書名ヨミ シロ ト カクシモノ ノ センゴクシ
書名別名 城と隠物の戦国誌
シリーズ名 朝日選書 861
出版元 朝日新聞
刊行年月 2009.12
ページ数 250p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-02-259961-2
NCID BB00374318
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21695631
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想