清末政治思想研究  2

小野川秀美 著

戊戌の政変に破れ日本に亡命した康有為や梁啓超ら改革派に替わり、孫文の革命論が次第に台頭していく。「孫文」「民報解題」を加え、辛亥革命に至る激烈な思想の葛藤を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 清末政治思想研究2(義和団時期における勤王と革命
  • 清末の思想と進化論
  • 章炳麟の排満思想
  • 劉師培と無政府主義)
  • 補1 孫文
  • 補2 民報解題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 清末政治思想研究
著作者等 小野川 秀美
書名ヨミ シンマツ セイジ シソウ ケンキュウ
シリーズ名 東洋文庫 793
巻冊次 2
出版元 平凡社
刊行年月 2010.1
ページ数 396p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-582-80793-6
NCID BB00373574
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21724384
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想