比較歴史制度分析

アブナー・グライフ 著 ; 岡崎哲二, 神取道宏 監訳 ; 有本寛, 尾川僚, 後藤英明, 結城武延 訳

制度とは何か。それはなぜ存続し、どのように変化するか経済史、ゲーム理論、心理経済学、政治学、社会学等における重要な知見を統合した、比較歴史制度分析の幕開け。歴史研究とゲーム理論の新たな融合。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 準備(イントロダクション
  • 制度と取引)
  • 第2部 均衡状態にあるシステムとしての制度(自律的秩序による契約履行制度-マグリブ貿易商の結託
  • 国家の触手から所有権を守る-商人ギルド
  • 内生的な制度とゲーム理論分析)
  • 第3部 歴史的過程としての制度のダイナミクス(内生的制度変化の理論
  • 制度の軌跡-過去の制度は現在の制度にどのような影響を及ぼすか
  • 国家の建設-ジェノヴァの興亡
  • 制度の軌跡とその起源-文化に根ざした予想と社会組織)
  • 第4部 比較歴史制度分析における実証の方法(個人的関係に依存しない取引の制度的基礎
  • 理論-歴史対話型の文脈に依存した分析)
  • 第5部 結論(制度、歴史、発展)
  • 付録

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 比較歴史制度分析
著作者等 Greif, Avner
尾川 僚
岡崎 哲二
後藤 英明
有本 寛
神取 道宏
グライフ アブナー
書名ヨミ ヒカク レキシ セイド ブンセキ
書名別名 Institutions and the path to the modern economy
シリーズ名 叢書《制度を考える》
出版元 NTT
刊行年月 2009.12
ページ数 446p
大きさ 23cm
ISBN 978-4-7571-4124-7
NCID BB0037107X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21692983
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想