二十世紀の芸術

カール・アインシュタイン 著 ; 鈴木芳子 訳・解説

第一次大戦を経て、時代はパラダイム転換期キュビスム小説『ベビュカン』で表現主義の寵児に前へ、ダ、ダ、ダ、ダ、ダーッ、表現の最先端へ1920年代をもって、「二十世紀」の芸術と銘打つ越境する芸術理論、切れ味鋭いアクチュアルな批評大家を容赦なく斬り、アヴァンギャルドの心性に注視現代美術の祖型はすでにここに-ある発表当時、センセーショナルな議論を巻き起こしたモダニズム芸術の基本書、待望の初訳。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 はじまり
  • 第2章 キュビスム
  • 第3章 未来派
  • 第4章 ドイツの画家
  • 第5章 ロシアの画家
  • 第6章 青騎士
  • 第7章 彫塑

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 二十世紀の芸術
著作者等 Einstein, Carl
鈴木 芳子
アインシュタイン カール
書名ヨミ 20セイキ ノ ゲイジュツ
書名別名 Die Kunst des 20.Jahrhunderts.3.Aufl
出版元 未知谷
刊行年月 2009.12
ページ数 456p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-89642-284-9
NCID BB00370306
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21684711
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想