暦と天文の古代中世史

湯浅吉美 著

暦とは何か。暦面の日記や紙背の典籍は、貴重な史・資料である。暦の年次比定を行い、記主を推定。その史料的意義を問う。また暦法の復元的検討や、実際の天体現象と合致しない記事の分析を通じて、人びとの心性を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 具注暦の研究(史料としての具注暦
  • 天理図書館蔵『文禄元年具注暦』調査報告-実は四百年溯る具注暦
  • 天理図書館蔵『応永三年具注暦』調査報告-新出観智院賢宝日記と講式
  • 新出『除目申文抄』写本の紹介と考察-天理図書館蔵『正安二年具注暦』・『建治元年具注暦』調査報告
  • 天理図書館蔵『元亨三年具注暦』調査報告-未紹介『右近衛中将某日記』を付す
  • 天理図書館蔵『寛元四年具注暦』調査報告-紙背『厳真律師潅頂記』を付す)
  • 第2部 古代の暦法(大衍暦における進朔について-天平宝字八年〜貞観三年の日付の問題
  • 百万塔墨書銘に見える暦日の問題-神護景雲二年三月は大か小か
  • 宣明暦の没日・滅日について-正日にあらざるゆえ用いるべからず)
  • 第3部 中世史料と天文・暦日(鎌倉時代における暦日の人為的変更について
  • 『玉葉』に見える惑星記事の考察
  • 坂東武者は惑星の変を怖れたか-『吾妻鏡』に見える惑星記事の検証
  • 『吾妻鏡』に見える日蝕記事の検証-東国武家社会における日蝕の扱い
  • 『吾妻鏡』に見る鎌倉武士の方違え)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 暦と天文の古代中世史
著作者等 湯浅 吉美
書名ヨミ コヨミ ト テンモン ノ コダイ チュウセイシ
書名別名 Koyomi to tenmon no kodai chuseishi
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2009.12
ページ数 318, 10p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-642-02474-7
NCID BB0036976X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21708193
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想