〈国語教育〉とテクスト論

鈴木泰恵, 高木信, 助川幸逸郎, 黒木朋興 編

[目次]

  • 1 座談会("国語教育"とテクスト論、その未来へ向けて)
  • 2 国語教科書掲載作品のテクスト論的読解・授業実践報告(古典文学編
  • 近代文学編)
  • 3 海外でのテクスト論受容と文学教育の現在(中国の国語教育における文学教育の現状
  • 20世紀アメリカ文学批評史を考える ほか)
  • 4 文学教育の"学"の可能性を探る("東大古文"に抗う伊勢物語
  • 「責任ある読者」をめざして-「テクスト論」を視野に入れた授業を展開する前に考えておくべきこと)
  • 5 日本のテクスト論受容史(日本文学研究におけるテクスト論受容史 古典編
  • 研究・批評の手法から教育のための技術へ-「テクスト論」の受容と課題 近代日本文学編 付・参考文献ガイド ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 〈国語教育〉とテクスト論
著作者等 助川 幸逸郎
鈴木 泰恵
高木 信
黒木 朋興
書名ヨミ コクゴ キョウイク ト テクスト ロン
出版元 ひつじ書房
刊行年月 2009.11
ページ数 421p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-89476-425-5
NCID BB00349707
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21732130
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
20世紀アメリカ文学批評史を考える 孫崎玲
〈語り/騙り〉としての『山月記』 高木 信
「メロス・ゲート」を追え! 前田塁
「責任ある読者」をめざして 中村良衛
フランス・バカロレアの試験問題からみる国語教育 黒木朋興
国語教科書掲載作品のテクスト論的読解・授業実践報告 古典文学編 『枕草子』というテクストと清少納言 安藤徹
女を語ること・桐壺巻の「恋」と紫のゆかりの方法 斉藤昭子
座談会 〈国語教育〉とテクスト論、その未来へ向けて 中村良衛, 馬場重行, 齋藤知也, 助川 幸逸郎, 鈴木 泰恵, 高木 信
戦後のフランス文学批評における理論と歴史の攻防 合田陽祐
教材「春はあけぼの」とテキストの〈正しさ〉 津島知明
文学教育の〈学〉の可能性を探る 〈東大古文〉に抗う伊勢物語 助川 幸逸郎
日本のテクスト論受容史 日本文学研究におけるテクスト論受容史古典編 佐藤清隆
森鴎外「ぢいさんばあさん」論 山口徹
海外でのテクスト論受容と文学教育の現在 中国の国語教育における文学教育の現状 李勇華
研究・批評の手法から教育のための技術へ 千金楽健
近代文学論 テクスト研究の諸方法による芥川龍之介「羅生門」の解釈と鑑賞 中川千春
開かれた『更級日記』へ 鈴木 泰恵
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想