福田恆存評論集  第13卷 (作家論 1)

福田恆存 著

石川淳・坂口安吾・中野重治他、19世紀西歐のリアリズムを移植した近代日本文學の特質と問題點を獨自の視點から描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 近代日本文學の系譜(二葉亭四迷
  • 島崎藤村・田山花袋
  • 森鴎外
  • 夏目漱石 ほか)
  • 2(横光利一
  • 嘉村礒多
  • 志賀直哉
  • 永井荷風 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 福田恆存評論集
著作者等 福田 恒存
書名ヨミ フクダ ツネアリ ヒョウロンシュウ
書名別名 作家論
巻冊次 第13卷 (作家論 1)
出版元 麗澤大學出版會 : 廣池學園事業部
刊行年月 2009.11
ページ数 348p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-89205-583-6
NCID BB00338493
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21687562
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
中野重治 福田恆存
北原武夫 福田恆存
嘉村礒多 福田恆存
坂口安吾 福田恆存
宮本百合子 福田恆存
志賀直哉 福田恆存
横光利一 福田恆存
永井荷風 福田 恒存
石川淳 福田恆存
近代日本文學の系譜 福田恆存
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想