レンブラントの目

サイモン・シャーマ 著 ; 高山宏 訳

17世紀オランダ、宗教戦争の渦中で育った神童は、どのようにして、眼前の巨匠ルーベンスを越えて超絶絵画の画家となったのか。名作『風景と記憶』の著者が歴史と文学を融合させる奇跡の筆力をふるい、あたかも17世紀画聖の工房にあるが如く、その創造の現場と秘密を壮麗なポリフォニーとして織り成す空前の巨篇。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 画業、前途茫々たり
  • 第2部 パラゴーネ
  • 第3部 神童
  • 第4部 放蕩息子
  • 第5部 預言者
  • 第6部 後日顛末

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 レンブラントの目
著作者等 Schama, Simon
高山 宏
シャーマ サイモン
書名ヨミ レンブラント ノ メ
書名別名 Rembrandt's eyes
出版元 河出書房新社
刊行年月 2009.11
ページ数 787p 図版60p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-309-25524-8
NCID BB00305213
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21686541
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想