ほんとうの「食の安全」を考える : ゼロリスクという幻想

畝山智香子 著

食品添加物は危険なのか?残留農薬の基準値超過で回収・廃棄の対応は世界の常識なのか?ビタミンでがんの予防ができるのか?オーガニックは優れているのか?巷にあふれる食をめぐるさまざまな情報。どの情報が信頼に足るものなのだろうか?メタミドホス、マラカイトグリーン、トランス脂肪酸、メラミンなどの実際の事例も参照しながら、残留農薬の基準値の設定の仕方やその値の意味、発がん物質のリスク評価の方法を紹介していく。食品の安全情報を複眼的にとらえた、目から鱗が落ちる一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「基準値」はいかに決まるか(残留農薬はすべて"危険"なのか?
  • 天然は常に"安心"なのか?
  • 安全基準は厳しければよいのか?
  • 参考にする値はなにを用いたらよいのか?)
  • 第2章 発がん物質のリスクの大きさをどう考えるか(発がん性とはなにか
  • 発がん性のリスク評価
  • 健康的な食生活にもっとも大切なことはなにか?)
  • 第3章 食品のリスク分析はどのようになされているか(魚中メチル水銀のリスク分析
  • トランス脂肪酸のリスク分析
  • 緊急時のリスク分析
  • リスクとどう付き合うか)
  • 第4章 食品の有効性をどう評価するか(抗肥満薬はなせ薬なのか?
  • ビタミン剤でがんの予防ができるのだろうか?
  • 健康強調表示の"科学的根拠"とはなにか
  • 健康的な食生活とは)
  • 終章 健康的な食生活を送るために-科学リテラシーを育む(食の安全の本質はなにか?
  • ジャガイモから考える食の安全)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ほんとうの「食の安全」を考える : ゼロリスクという幻想
著作者等 畝山 智香子
書名ヨミ ホントウ ノ ショク ノ アンゼン オ カンガエル : ゼロ リスク ト イウ ゲンソウ
シリーズ名 Dojin選書 028
出版元 化学同人
刊行年月 2009.11
ページ数 222p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7598-1328-9
NCID BB00297782
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21779338
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想