外国人が見た近世日本 : 日本人再発見

山本博文, 大石学, 磯田道史, 岩下哲典 著 ; 竹内誠 監修

16〜19世紀の日本を訪れた外国人が見た、驚くべき日本人の姿!欧米を中心とする外国人が残した多くの資料から立ち現れる日本と日本人、生活文化の諸様相を知る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本人の名誉心及び死生観と殉教(日本人の第一印象
  • 十六・十七世紀の日本人論
  • 武士の心性とキリスト教の信仰
  • 大殉教の時代の日本人)
  • 外国人が見た近世日本と日本人-日本型文明社会の成立と発展(官僚としての武士
  • 日本型文明社会の成立
  • 日本型文明社会の発展
  • 日本型文明社会の達成)
  • 十九世紀の日本人(中国人・朝鮮人・日本人
  • 東アジア諸民族の特徴
  • 東アジアにおける日本の位置
  • 文化的優越感なきナショナリズム)
  • 江戸時代における日露関係史上の主要事件に関する史料について(日露関係史上の主要事件に関する史料の概要
  • ゴロヴニン事件におけるロシア人海軍士官ムール少尉の獄中上表について)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 外国人が見た近世日本 : 日本人再発見
著作者等 大石 学
山本 博文
岩下 哲典
磯田 道史
竹内 誠
書名ヨミ ガイコクジン ガ ミタ キンセイ ニホン : ニホンジン サイハッケン
書名別名 Gaikokujin ga mita kinsei nihon
出版元 角川学芸 : 角川グループパブリッシング
刊行年月 2009.11
ページ数 367p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-04-621642-7
NCID BB00297658
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21688922
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想