ネットとリアルのあいだ : 生きるための情報学

西垣通 著

現代は、デジタルな情報がとびかう便利な情報社会である。にもかかわらず、精神的に疲れ、ウツな気分になるのはなぜか。悲鳴をあげているのは、リアルな「生命」そのものであろう。人間の身体と心をやさしく包んでくれるITの未来を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ITが私を壊す?(私にとってのリアル
  • デジタル・ニヒリズム)
  • 第2章 生きることは創りだすこと(心と脳とコンピュータ
  • 情報処理機械としての私
  • 心はなぜ閉じているの?)
  • 第3章 未来のネット(自由平等という落とし穴
  • タイプ3コンピュータとは)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ネットとリアルのあいだ : 生きるための情報学
著作者等 西垣 通
書名ヨミ ネット ト リアル ノ アイダ : イキル タメノ ジョウホウガク
シリーズ名 ちくまプリマー新書 123
出版元 筑摩書房
刊行年月 2009.12
ページ数 166p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-68825-5
NCID BB00280597
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21703840
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想