日本の技術経営に異議あり : 現場からの告発

伊丹敬之, 東京理科大学MOT研究会 編著

ハードウェア指向MOTの限界、無秩序なアウトソーシング、横並び研究開発の悪循環、タコツボ化する技術者…。日本企業が直面する技術経営のリスクを明らかにし、改善策を提示。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総論 日本型MOTの光と影
  • 第1部 MOTの「常識」を問い直す(借り物ではない独自のコンセプトを創造する
  • ハードウェア指向MOTの限界
  • 設計思想をアウトソーシングするな)
  • 第2部 技術と事業の断絶を克服する(技術選択こそ企業成長の要
  • 中核技術の認識の重要性とむつかしさ
  • 研究者自身による事業への橋渡し
  • 横並び研究開発の悪循環)
  • 第3部 技術者の視野を広げる(技術者よ、タコツボから出でよ
  • 技術者からマネジャーへのメタモルフォーシス)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の技術経営に異議あり : 現場からの告発
著作者等 伊丹 敬之
東京理科大学大学院総合科学技術経営研究科
東京理科大学MOT研究会
書名ヨミ ニホン ノ ギジュツ ケイエイ ニ イギ アリ : ゲンバ カラノ コクハツ
書名別名 Nihon no gijutsu keiei ni igi ari
出版元 日本経済新聞出版社
刊行年月 2009.11
ページ数 301p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-532-13376-4
NCID BB00264965
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21674343
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想