古墳文化の成立と社会 : 古代日本の陵墓と古墳 1

今尾文昭 著

前方後円墳の出現が社会にもたらしたものとは。画一性・統一性を指向し全国規模で造営された前方後円墳。その墳形・棺槨・葬送儀礼・副葬品の内容を詳細に分析・復元し、古墳時代の政治・経済・文化の実像に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 古墳文化の地域的特性-奈良盆地(奈良盆地における前期前方後円墳の動態
  • 諸王の割拠-大和・柳本古墳群の構造分析
  • 高地・丘陵・低地の前期古墳と地域性
  • 奈良盆地南西部の古式土師器-太田遺跡における様式予察)
  • 第2部 墳頂部儀礼の成立と棺槨(大形前方後円墳の墳頂平坦面-儀礼空間の整備と変遷
  • 古墳祭祀の画一性と非画一性-前期古墳の副葬品配列から考える
  • 前期古墳の副葬品配列-検討と課題
  • 古墳時代竪穴式槨成立の意義
  • 前期古墳木棺形態の二、三
  • 長持形石棺への収斂
  • 燈籠山古墳埴質枕にともなう棺-伝中山大塚古墳出土資料の再検討)
  • 第3部 鉄刀剣・鉄鏃・腕輪形石製品副葬の背景(素環頭鉄刀考
  • 中平紀年銘大刀をめぐる問題-東大寺山古墳出土三葉環頭大刀の系譜
  • 前期古墳副葬鏃の変化
  • 奈良盆地の石釧と車輪石-類型と傾向
  • 奈良盆地の腕輪型石製品-動向と課題)
  • 第4部 銅鏡副葬の諸様相(銅鏡副葬における諸様相の変化
  • 行燈山古墳出土銅板と大型〓(ほう)製鏡
  • 銅鏡図像小考三題
  • 弩機銘文にあらわれた魏と呉-生産機構・所有形態、また銅鏡生産との関係性)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古墳文化の成立と社会 : 古代日本の陵墓と古墳 1
著作者等 今尾 文昭
書名ヨミ コフン ブンカ ノ セイリツ ト シャカイ : コダイ ニホン ノ リョウボ ト コフン
出版元 青木書店
刊行年月 2009.11
ページ数 575, 15p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-250-20916-1
NCID BB00262460
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21692695
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想