人類博物館の死体

ジャック・ミリエズ 著 ; 香川由利子 訳

パリの人類博館物で、アジア人の女性の死体が発見された。身元を知る手がかりは、人類博物館の発掘調査部長の論文が載った新聞、そしてブックマッチに記された店のロゴ、狐の頭のマーク、ハングルの住所だけだった。新聞記者のマルクは、友人の警視のオフィスで事件を知り、韓国で調査を始める。やがて彼は、韓国の学者によるES細胞の作製に彼女が関わっていたことを知るが…フランス冒険小説大賞を受賞した話題作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人類博物館の死体
著作者等 Milliez, Jacques
香川 由利子
ミリエズ ジャック
書名ヨミ ジンルイ ハクブツカン ノ シタイ
書名別名 L'inconnue du musee de l'homme
シリーズ名 ハヤカワ文庫 NV1205
出版元 早川書房
刊行年月 2009.10
ページ数 236p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-15-041205-0
NCID BB00251883
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21666935
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想