日本の民俗  13

湯川洋司, 古家信平, 安室知 企画編集

民俗を通して現代社会を理解しようとする民俗学にとって、いま何が課題となるのだろうか。シリーズ編集の過程で見出された問題や、今後の民俗学のゆくえについてさまざまに語り合う。文献解説と民俗学史年表を付載する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 民俗と民俗学(民俗学の志
  • 民俗学を支えたもの
  • 学問と社会-民俗学の今後の方向として)
  • 討論「日本の民俗」(今、新たに民俗学を起こすとしたら
  • 自然・環境・暮らしと民俗学
  • 国家と民俗)
  • 資料(民俗学を知るための基本文献
  • 日本民俗学史関連年表
  • 『日本の民俗』全巻目次)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の民俗
著作者等 古家 信平
安室 知
湯川 洋司
書名ヨミ ニホン ノ ミンゾク
書名別名 民俗と民俗学
巻冊次 13
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2009.12
ページ数 262, 48p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-642-07880-1
NCID BB00249258
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21687132
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
民俗と民俗学 古家 信平, 安室 知, 湯川 洋司
民俗と民俗学 湯川 洋司
討論「日本の民俗」 中野紀和, 伊藤純郎, 佐野賢治, 安井眞奈美, 岩本通弥, 常光徹, 池谷和信, 澤畑利昭, 鬼頭秀一, 古家 信平, 安室 知, 湯川 洋司
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想