若き空海の実像 : 「聾瞽指帰」と新資料「破体千字文」で解明する

飯島太千雄 著

若き日の書から見る、"密教者・空海"の原風景。著者、三十余年の空海研究を踏まえて、二十四歳の出家宣言「聾瞽指帰」と、十八歳頃の遺墨「破体千字文」から、その"謎の青年時代"に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 空海前史(奈良朝密教と玄〓(ぼう)
  • 玄〓(ぼう)が弘めた日本の『般若心経』
  • 空海誕生前夜の密教)
  • 2 「聾瞽指帰」から何が見えるか(書法から見えるもの
  • 料紙と年紀から見えるもの
  • 秘せられた署名と師僧
  • 空海の書の思想)
  • 3 空海の若書「破体千字文」出現(幻の名蹟
  • 料紙の意味するもの
  • 「破体千字文」の書法と朝野魚養)
  • 4 空海「破体千字文」出現の意義(朝野魚養と玄〓(ぼう)
  • 河内跡部郷と奈良の空海)
  • 結-空海と玄〓(ぼう)、そして母。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 若き空海の実像 : 「聾瞽指帰」と新資料「破体千字文」で解明する
著作者等 飯島 太千雄
書名ヨミ ワカキ クウカイ ノ ジツゾウ : ロウコ シイキ ト シンシリョウ ハタイ センジモン デ カイメイスル
出版元 大法輪閣
刊行年月 2009.11
ページ数 350p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8046-1293-5
NCID BB0024072X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21679363
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想