ソロモン朝エチオピア王国の興亡 : オロモ進出後の王国史の再検討

石川博樹 著

[目次]

  • 第1章 オロモ進出期における牛税ケイマ
  • 第2章 タナ湖周辺地域の征服と統治体制の変革
  • 第3章 ソロモン朝後期における軍事体制の変化
  • 第4章 ゴンダール期における移住民集団の活動とその影響
  • 第5章 ゴンダール期後半における州統治者の出自
  • 第6章 ゴンダール期後半の州統治者と王朝交替
  • 史料 バフレイ『ガッラの歴史』訳注

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ソロモン朝エチオピア王国の興亡 : オロモ進出後の王国史の再検討
著作者等 石川 博樹
書名ヨミ ソロモンチョウ エチオピア オウコク ノ コウボウ : オロモ シンシュツゴ ノ オウコクシ ノ サイケントウ
シリーズ名 山川歴史モノグラフ 19
出版元 山川出版社
刊行年月 2009.11
ページ数 218, 61p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-634-67437-0
NCID BB00212429
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21684564
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想