経験の裂け目

B.ヴァルデンフェルス 著 ; 山口一郎 監訳 ; 三村尚彦, 稲垣諭, 村田憲郎, 吉川孝, 中山純一 訳

古代から近世に至る広範なテクストを駆使しつつ、メルロ=ポンティ、フーコー、デリダ、レヴィナス、ヴァレラなど、現代思想と対話することにより新たな哲学的地平を提示した必読の文献である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 パトス的な背景における意義作用と欲望
  • 2 遠くから触れること
  • 3 触発からアピール(訴え)へ
  • 4 経験のズレ
  • 5 自らの外へ、私たちの間で
  • 6 秩序の内部と外部で
  • 7 精神分析上の経験の炸裂
  • 8 経験への技術の介入

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 経験の裂け目
著作者等 Waldenfels, Bernhard
三村 尚彦
吉川 孝
山口 一郎
村田 憲郎
稲垣 諭
中山 純一
ヴァルデンフェルス B.
書名ヨミ ケイケン ノ サケメ
書名別名 Bruchlinien der Erfahrung
出版元 知泉書館
刊行年月 2009.11
ページ数 564p
大きさ 23cm
ISBN 978-4-86285-070-6
NCID BB00199058
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21684560
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想