尊徳二宮先生一代記

佐藤順造 編

[目次]

  • 標題紙
  • 目次
  • 一 先生の誕生 / 1
  • 二 二の宮一家の大困難 / 2
  • 三 父利右衛門の大病 / 5
  • 四 先生草鞋を作つて父に酒を侑む(絵入) / 10
  • 五 先生十四歳にて父に別る / 13
  • 六 利右衛門死後の二の宮一家(絵入) / 17
  • 七 貧の中にも笑話あり(絵入) / 21
  • 八 十五歳にて土堤普譜に出づ(絵入) / 25
  • 九 十六歳にて母に別る / 28
  • 十 先生伯父万兵衛の許に養はる / 30
  • 十一 貧しき者を助く(絵入) / 32
  • 十二 先生済民発念の端緒 / 38
  • 十三 先生漸く家に戻る / 41
  • 十四 二の宮家の再興(絵入) / 42
  • 十五 小田原の太夫服部某の一家を再興す / 44
  • 十六 先生服部家に到る(絵入) / 47
  • 十七 大久保侯先生を用ふ / 52
  • 十八 桜町再興の事(絵入) / 59
  • 十九 先生賞罰を明かにす(絵入) / 64
  • 二十 小人を化して君子とせり / 67
  • 二十一 天保の饑饉(絵入) / 71
  • 二十二 先生の従僕厠を毀す(絵入) / 73
  • 二十三 鳥山の荒蕪再興の事(絵入) / 77
  • 二十四 円応和尚川に魚を漁る(絵入) / 86
  • 二十五 川崎屋孫右衛門の強慾(絵入) / 89
  • 二十六 孫右衛門、先生に教を受けんとす(絵入) / 101
  • 二十七 中村玄順、先生に謁して教を受く / 111
  • 二十八 玄順、先生を桜町に訪ふ / 116
  • 二十九 先生小田原領内救済興復の事を命ぜらる(絵入) / 118
  • 三十 大久保侯死後の小田原領 / 127
  • 三十一 先生再び小田原興復を図らる / 131
  • 三十二 下館侯の誠心先生を起たしむ / 134
  • 三十三 相馬藩疲弊の来歷 / 137
  • 三十四 先生幕府に用ゐらる / 142
  • 三十五 愈々相馬家の興復 / 146
  • 三十六 先生斯道に尽されし畢生の窮境(絵入) / 155
  • 三十七 日光祭田荒癈回復の事 / 159
  • 三十八 先生死後の誉 / 161

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 尊徳二宮先生一代記
著作者等 佐藤 順造
書名ヨミ ソントク ニノミヤ センセイ イチダイキ
書名別名 Sontoku ninomiya sensei ichidaiki
出版元 東洋館
刊行年月 明41.10
ページ数 164p
大きさ 20cm
NCID BB00191431
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
40003957
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想