突然、妻が倒れたら

松本方哉 著

妻、46歳、最重度のくも膜下出血。息子と二人、24時間介護の日々が始まった。ブラウン管から消えたキャスター、慟哭の手記。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 わが家を襲った「テロ」(発病
  • グレード5からの生還
  • 再び襲った衝撃
  • ほっとする日と不安な日
  • 再度の手術
  • 次のステップへ)
  • 第2章 「復活」にむかって(回復期病院への転院
  • 未知なるリハビリの世界
  • 一一歳の誕生日
  • 歩くまでの道のり
  • 仕事に復帰する決意
  • 妻を迎える準備
  • 妻の落ち込みと家族のへこみ
  • いよいよの帰宅)
  • 第3章 久しぶりの「家族」(遠慮のない視線
  • 頭の固い人たち
  • 支えてくれる人たち)
  • 終章 新たな試練

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 突然、妻が倒れたら
著作者等 松本 方哉
書名ヨミ トツゼン ツマ ガ タオレタラ
出版元 新潮社
刊行年月 2009.10
ページ数 202p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-10-319121-6
NCID BB00164541
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21674000
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想