新型インフルエンザ本当の姿

河岡義裕 著

2009年春に世界中を震撼させるパンデミック(世界的流行)をひき起こした豚由来の新型インフルエンザウイルスは、実は四つの異なるウイルスの遺伝子が混じり合って誕生したものだった。インフルエンザウイルスは有史以来人類の脅威となってきたが、その複雑な誕生システムについては意外に知られていない。強毒化も懸念されるインフルエンザウイルスはどのようにして生まれどのようなメカニズムで変異していくのか。ウイルス研究の世界的権威が、対策も含めて新型インフルエンザウイルスのすべてを明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 パンデミックの兆し
  • 第1章 ウイルス予備知識
  • 第2章 新型インフルエンザ誕生のメカニズム
  • 第3章 新型インフルエンザウイルスの不気味な姿
  • 第4章 「危ない」インフルエンザウイルスは他にもある
  • 第5章 夏の北半球から去らなかった新型ウイルス
  • 第6章 来るべき冬の大流行に備えて
  • 付録 インフルエンザウイルス以外の危険なウイルス

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新型インフルエンザ本当の姿
著作者等 河岡 義裕
書名ヨミ シンガタ インフルエンザ ホントウ ノ スガタ
書名別名 Shingata infuruenza honto no sugata
シリーズ名 集英社新書 0517I
出版元 集英社
刊行年月 2009.11
ページ数 185p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-08-720517-6
NCID BB00162943
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21681052
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想