公案 : 実践的禅入門

秋月龍ミン 著

「公案」とは、禅の修行者の心根を練磨するために課せられる一種の試験問題である。そして、禅匠が弟子を悟りへ導くために工夫した、仕掛け、手段としてのことば・教説のことである。これまで公案は、師と一対一で、師の室内において秘密裡に行われてきた。本書は、その禅仏教の真実をはじめて公開した画期的なものである。師鈴木大拙をはじめ、多くの師家のもとで、数十年にわたる参禅体験と禅学を研鑚した著者が、実際の公案を用いて解く禅思想の真髄。参禅へのきわめてゆきとどいた実践的指導と、公案に潜む思想的究明とが渾然一体となった、他に例を見ない入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 参禅入門(祖師禅と公案
  • 坐禅の仕方
  • 相見・独参・入室
  • 公案体系
  • 廓庵禅師『十牛図』)
  • 第2部 公案三十三則(仏道とは自己を習うなり-倩女離魂
  • 無位の真人を見る-臨済赤肉
  • "見る"と"直下無心"-一見阿字
  • "見る"と"正念相続"-霊雲桃花
  • 木犀の香を聞くや-山谷木犀 ほか)
  • 附録 越渓-禾山下室内公案体系

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 公案 : 実践的禅入門
著作者等 秋月 竜珉
秋月 龍〓
書名ヨミ コウアン : ジッセンテキ ゼン ニュウモン
シリーズ名 ちくま学芸文庫 ア30-1
出版元 筑摩書房
刊行年月 2009.11
ページ数 349p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09257-1
NCID BB00151404
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21695922
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想