時空と生命 : 物理学思考で読み解く主体と世界

橋元淳一郎 著

私とは、時間とは、空間とは、そして生きるとは何か。これらの謎は古来より哲学者が何千年ものあいだ挑んできた、根源的な謎である。しかし、近代科学の登場とそれに続く科学革命(進化論、相対論、量子論、分子生物学、場の量子論など)により、時間、空間、生命についてのわれわれの常識は覆された。科学的思考で、いまいちどこの根源的な謎に挑む。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ミンコフスキー時空を読む(虚数iの発見
  • ミンコフスキー時空
  • ピタゴラスの定理と時空長
  • 時空長の計算
  • 縮退した時空
  • ヒッグス場と時空
  • 進行波と後退波
  • 非局所性の問題
  • 夢と時空
  • 費因果領域に隠れていく未来)
  • 第2章 主体的意思としての生命-動物について(主観の科学的記述の困難さ
  • ツバメの歓喜
  • 進化の階層
  • 言語は主体的医師の担い手たりうるか
  • 自己意識の進化と大脳のモジュール群
  • 自己意識は主体的意思の担い手たりうるか
  • すべての動物は主体的意思をもつ
  • 快・不快を基準に行為する主体的意思)
  • 第3章 主体的意思としての生命-バクテリアについて(生命の歴史的階層性
  • 五つの王国
  • 生命の代表としてのバクテリア
  • 自然選択と自由経済
  • プログラムされた死
  • 植物の主体的意思について
  • 主体的意思と快・不快)
  • 第4章 非平衡熱力学系と主体的意思(熱力学
  • 平衡系とエントロピー増大の法則
  • オンサーガーの相反定理
  • 非平衡熱力学系
  • 生命は主体的意思を持つ非平衡熱力学系である
  • 生命誕生の困難さと必然性
  • 散逸構造・複雑系・オートポイエーシス
  • 複雑系システムから主体的意思へ)
  • 第5章 主体的生命原理と創造的宇宙(有時-道元の悟り
  • グラディエント・ベクトルとしての主体的意思
  • ミンコフスキー時空の時間軸に沿った「動き」
  • 三すくみのジレンマ
  • 最少作用の原理と経路積分
  • 最大傾斜の原理
  • 主体的な生命原理と自由意思宇宙の創造)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 時空と生命 : 物理学思考で読み解く主体と世界
著作者等 橋元 淳一郎
書名ヨミ ジクウ ト セイメイ : ブツリガク シコウ デ ヨミトク シュタイ ト セカイ
シリーズ名 tanQブックス 3
出版元 技術評論社
刊行年月 2009.12
ページ数 189p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7741-4042-1
NCID BB00147076
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21674333
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想